470 空塔

3連休なのに、ブログに書くことすらしないなんてなぁ。


日帰りで行ける絶好の旅行スポットはないものか…。


やはりあそこか。


というわけで、東京タワーのライバルとも言える場所に行ってきました。


スカイツリー


続きを読む

スポンサーサイト

469 思い出の過剰噴出

というわけで、戻って参りました。


今回は、ギリギリになってから弘前に行くことを決めたため、誰にも連絡できず。おかぺ~さんすいませんです。


いいわけはここまでで。


1年前、弘前に行った時は、山形→秋田経由で向かったこともあり、弘前の思い出の場所に行く暇がなく、少し後悔した。


今回の弘前訪問は、その反省から、学生時代によく行った店で昼飯を食う時間をつくった。(とはいえ、1時間も取れなかったけど)


時間をつくって、食べに行った結果、無事に食べることができたわけだけれど、なんだか一口食べた瞬間から、学生時代の一風景が克明に甦ってきた。


ナイトスキーの帰りにも食ったなあ。そういやバイトの帰りにも連れて行ってもらったっけ。


ひとつ思い出すと、芋づる式にどんどん思い出してくる。


ただ、思い出というのは、楽しいことよりも、悲しかったり、辛かっり、マイナス面の方が詳細に思い出すもので、思い出の飯を食えば食うほど、どんどんセンチな気分になっていった。
(一応断っておくが、飯はべらぼうにうまいからね)


まあ、楽しい思い出が甦ったとしても、
あの頃は楽しかったなあ…→また学生やりたいなあ→センチな気分。という、どちらを思い出しても、気分はセンチな方向に行くんだけども。


センチな気分にさせたのは、飯の味だけではなかった。学生時代に通った道、よく行った店の看板。学生の時には、ひとつの背景として意識もせずに過ごしていたが、今、その背景を見ると、噴水のように、思い出がどんどん噴き出し、そしてどんどんセンチな気分になっていった。


そして、スティールパン部が、俺らの世代で演奏していた曲を演奏した時。


俺の脳にある、思い出の引き出しは強制的に開けられ、容赦なく思い出がフラッシュバックされた。

思い出に押し潰されるというか、思い出によって心が折られそうになるというか。


こんな体験初めてだった。


思い出は、多いほうがいいけれど、一度に思い出す量には注意した方がいいね。制御できないんだけどさ


まあ一番センチな気分にさせるのは、明日仕事だという、まぎれもない現実だったりするんだけど。


というわけで、かなりセンチな気分になった弘前訪問でした。ちゃんちゃん

468 新幹線2




帰りもE5系とは!


(もちろんグランクラスではない)

467 思い出の中華屋を巡って




みんぱいのユーリンチー定食

相変わらずボリュームがあるなあ。胃がもたれそ…

思い出補正なのか、学生時代に食べた時よりもうまい気がするよ

466 hsb



のコンサートに行ってますぜ。


相変わらず、スティールパンは癒される音色ですなあ

465 新幹線



E5系キタ--!!


グランクラスには乗れないけど
プロフィール

KO

Author:KO

訪問者人数
リンク
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー