スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

636 紀伊半島国盗りツアー 8



神戸から30分くらいで有馬温泉に行けるなんて、ずるいぞ神戸!

混んではいたけどいいお湯でした。

次は日帰り入浴ではなく、泊まりで来たいな。
スポンサーサイト

635 紀伊半島国盗りツアー 7



神戸の中華街です。

横浜中華街に比べるとコンパクトだが、中華屋と神戸牛のステーキ屋が混在してて、かなりカオス。

634 紀伊半島国盗りツアー 6



ベタベタの神戸観光をしたことがなかったので、来てしまったポートタワー

赤い!

633 紀伊半島国盗りツアー 5



姫路城です

行く途中で、もちろん国を盗りました

632 紀伊半島国盗りツアー 4



迷いながら、ようやく三ノ宮のカプセルホテルにチェックイン。

今は遅い晩飯です。

ふらっと入った鶏の居酒屋「たか鳥」でしたが、当たりでした。

631 紀伊半島国盗りツアー 3

紀伊半島の国を盗ることにしたけれど、決行当日の宿がどこも高く、結局神戸のカプセルホテルを予約した。紀伊半島は通過するだけになるが、まあ仕方ない。

4月16日に列車の切符を買いに行った。ところが東京から名古屋へ行く新幹線が満席だった。

今さっき調べたら空いていたのに。新幹線はやむなく自由席券を買った。

決行前日の夜、窓口はやっていなかったので、自動券売機から新幹線の指定席が空いていないか見てみると、家を出るのは少し早くなるが、ひかりの指定席券が残っており、あわててその券を買った

決行当日、東京駅で当日券を買う人達と窓口に並び、事前に買った、新幹線の自由席券を払い戻してもらった。

ゴールデンウィークは新幹線も満席で、自由席は立って乗っている人もいた。運がよかったと指定席に座って思った。

630 紀伊半島国盗りツアー 2

紀勢本線の特急に乗っているが、いつまで経っても着かず、暇なので、この旅のきっかけについて、つらつらと書いていくことにする。

ゴールデンウィークはどこへ行こうかと迷っていた。

国盗りをメインに考えると、盗っていない国数が多い九州だなと思った。
(国盗り:日本全国を600の国に分け、その場所に行き、ケータイの位置情報を送信すると、該当する国が盗れるゲーム。現在540国を盗り、残り60国)

そろそろ準備をしようかなと、ガイドブックを買ってきたその日に、熊本の地震が発生した。こんなこともあるのかと驚きつつ、仕方なく行き先を再考することにした。

九州を除いて、国が盗れるところはと考えたのが、鉄道で名古屋から紀伊半島をぐるりと時計回りに行き、紀伊半島海岸沿いの「尾鷲」「熊野」「新宮・勝浦」「田辺・白浜」「有田・御坊」の5か国を一網打尽にするルートだった。

自分勝手ではあるけれど、紀伊半島はあまり気が乗らなかった。一日中列車に乗りっぱなしというのもあるが、他にも理由があった。

というのも、この「国盗り」を始める直前に、この南紀の地域に旅行に来ていたのだ。

旅行後に国盗りを知り、同時にまた改めて来なければならないことを知り、どうしようもない悔しさが込み上げてきたのを今でも思い出す。

このような理由があって、盗った国数が8割を超えても、この地域は残ったままになっていた。

629 紀伊半島国盗りツアー



東京を出発してはや8時間。ようやく紀伊半島半周。

紀伊半島デカすぎるだろ…。ちっとも着かないよ
プロフィール

KO

Author:KO

訪問者人数
リンク
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。