620 結婚式弾丸ツアー5

10月11日、友人の結婚当日である。

とはいえ式は夕方からなので、暇を持て余していた。どこかに出かけようかとも思ったが、非常に半端な時間だし、遅刻できないのでただ時間をいたずらに潰すしかなかった。

最近太り始めたので、実家に置きっぱなしにしていたスーツが入るかなと心配だったが、難なく入り、カメラを持って早めに家を出た。

式場に着いた。着いたはよいのだが、どこでやっているのか分からず迷った。

結婚を行っているのは、友人らだけでなく、その他にも複数組いるらしく、ドレス姿の新婦らしき人が、スーツ姿の会場スタッフに引かれて式場内へ移動するのをたびたび見た。

会場はどこだろうと、2階をうろついていると友人の組であろうウェルカムボードや新郎新婦の似顔絵、写真が飾ってあるテーブルを見つけた。しかしあたりには誰もいない。祝儀袋を置く黒色で金縁の四角いお盆が置いてあるので、披露宴の受付の際に使用するものだろう。

誰もいないからと、ここぞとばかりにテーブル上の写真や置物をカメラで撮っていた。ある程度撮り終えて、その近くで誰か来ないか待っていると、

「すみません」

と声をかけられた。


続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいね
プロフィール

KO

Author:KO

訪問者人数
リンク
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー